旅行記

ヨーロッパ

続欧州紀行(12)ライアンエアーで再びロンドンへ

今ではアジアでも普通になったLCC。 Low Cost Career 安い航空会社の意味 私の知る限りLCCの元祖はライアンエアー。 ライアンエアーはアイルランドの会社 そして、このライ...
ヨーロッパ

続欧州紀行(11)ダブリンのアイリッシュな町並み

Temple Barという飲み屋街。 洒落たパブが至る所にあります! That's Europeanな石畳。 アイルランドは英語で10...
ヨーロッパ

続欧州紀行(10)アイルランドでAirbnbのスーパーホストの宿に泊まる

ダブリンの宿もAirbnbで取りました。 イギリス同様 物価が高いので 外観。 ごく一般的なアイルランドの家です。 部屋はこんな感じ。広さは4畳半以下&ベッドの幅1メートル以下。 ...
ヨーロッパ

続欧州紀行(8)イギリスの食料品物価

イギリスはEUに加盟しているのに通貨はポンド。 記号は £ スターリングとも言います。 他国に迎合しないのは かつての世界の覇者のプライド? 何はともあれ このポンドが高い。 ...
ヨーロッパ

続欧州紀行(9)ギネスを飲みにダブリンへ

今回の欧州旅行の目的の一つは、 アイルランドでギネスビールを飲むこと。 こうした旅の目的ってなんか粋ですよね。 バブル全盛時は、 ラーメン食いに北海道まで行く。...
ヨーロッパ

続欧州紀行(7)Southampton / サウサンプトン散策

今回は友人に自転車を借りました。 翼を貰った感じ! お陰様でお気に入りのスポットを全て廻れます。 まずはMBAの同期とパブへ。お気に入りのクローネンバーグ(フ...
ヨーロッパ

続欧州紀行(5)ベストシーズンのロンドンをベタに歩く

さてイギリス2日目は、私の第二の故郷Southamptonへ。 Coachの時間は13:30。 (イギリスでは長距離バスのことをcoach/コーチと言います) 時間はたっぷりあるのでの、SOHOからVictoria C...
ヨーロッパ

続欧州紀行(4)ロンドンSOHOのホステル

ロンドン初日の宿はホステル。 要は、相部屋の安宿。 基本、私はホステルには泊まらないのですが、この日はホント寝るだけ(チェックイン夜10時)。 しかも、ロンドンのホテルは激高。世界最高レベル。 ...
ヨーロッパ

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン

私が夏にイギリスに来る理由。 それは気候 カラッと乾いた空気。せいぜい上がっても25度の最高気温。雨はたま~に降る程度。朝5時前に日が昇り、夜9時過ぎまで明るい。 最...
ヨーロッパ

続欧州紀行(3)コロンボからロンドンへ <スリランカ航空>

コロンボ発ロンドン行きの機内。 さすがに、花形路線 最新機材です。 搭乗率は80%程度でしょうか?イギリス人(観光客?)3割、スリランカ人人5割、その他2割、といった感じ。 隣のゲー...