バンコク行き、東京発着ならJALのLCC子会社『ZIP AIR』一択!

旅のテクニック

 

2022年には、日本・タイ間の航空便の運行も増えてくると思われますが(このまま両国でリバンドがなければ)、現時点(2021年11月)で東京発着ならZIP AIRがベストと思われます。

 

2022年1月に、東京・バンコク間の直行便の運行を予定されている(現在、航空券が購入できる)航空会社は下記の通りです。

 

ZIP AIR

JAL

ANA

タイ航空

バンコク・エアウェイズ

 

この中で最安で一際光るのがZIP AIR。

参考までに、1/8 成田発  2/7バンコク発で検索してみました。

 

料金

料金は34,594円です。

これ往復料金です!!

但し、機内預入荷物・座席指定・機内食等は含まれない、本当に裸の料金です。

個人的に私の場合は、荷物も少ないし、機内食は食べないので(飛行機って太ります)、これに座席指定料金(足元スペースが広い席)が加わるだけです。

更に、ZIP AIRでは、JALのビジネスクラスと同じフルフラット・シートもあります。

料金は破格の片道5万円台。

ビジネスクラスに乗る人の大半は、ビジネス客かマイレージ利用ですが(私もこれ)、もし自腹で乗るならJALよりZIP AIRですね。とにかく、ビジネスクラスで旅行すると太るので。ラウンジで食べて、機内で食べて飲んでになってしまうので。

 

スケジュール

 

(往路)東京発16:50  バンコク着22:10

(復路)バンコク発 23:40  東京着 7:25+

 

これも良いですね!

当面はバンコク空港到着後にホテルに直行して、PCR検査を受けて結果が出るまでホテルに監禁と言う流れになります。と言うことで、早く到着してもどうせ遊びにいけないので、「寝て検査結果を待つ」このスケジュールはベストに感じます。

また、ポイントはスワンナプーム空港発着と言うこと。LCCの場合は、ドンムアン空港発着が多いのですが、さすがJALの子会社ですね。

 

最後に、実際に9月にZIP AIRでバンコクに飛んだ方の動画を貼っておきます。とっても詳しくて参考になる動画です。

これでLCC?コロナ禍に就航したJAL系列の格安航空ZIPAIRで成田空港からにタイ・バンコク・スワンナプーム国際空港へ搭乗レビュー